読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOSでキーボードのレイアウトを変更

Raspberry Pi 3にCentOS 7.2を入れており、
設定をする時にSSHからじゃなくてキーボードを使ったんですが、
どうやっても「:(コロン)」が打てないんですよねぇ…
昔、Virtual BoxにCentOSを入れた時も同じ問題が発生して解決したので
次、同じ問題が発生しても忘れないようにメモしときたいと思います。

環境

CentOS 7.2

解決策

# localectl list-keymaps | grep jp106
jp106

とコマンドを入力して、「jp106」があることを確認してください。
ちなみに、localectlコマンドはCentOSロケールを確認および変更するために使うコマンドのようです。

ロケールとは、ソフトウェアに内蔵される、言語や国・地域ごとに異なる単位、記号、日付、通貨などの表記規則の集合。または単に、利用する言語や国・地域の指定。多くのソフトウェアやプログラミング言語は、使用する言語とともにロケールを設定し、ロケールで定められた方式に基づいてデータの表記や処理を行う。

引用:ロケールとは|locale|ロカール - 意味/定義 : IT用語辞典

なるほど、また賢くなってしまいました…笑
(初めて見た時、「ローカルじゃないの?」って思っちゃいました…)

$ localectl set-keymap jp106

これで完了です。
無事にコロンが打てるようになりました!


参考:centos7でキーボードレイアウト変更 - Qiita