読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DjangoでWebアプリを開発(1)

お久しぶりです。
約2ヶ月ぶりの投稿です。
今回は、Pythonで最も使われているフレームワークであるDjangoを使って、Webアプリを開発しようと思います。
今回作ろうと考えているのは、自分が大好きなマインスイーパーを作ろうかなと考えています。
マインスイーパーを作るのに、Djangoは向かないだろっ!っていうツッコミはご遠慮ください笑)

それでは、始めたいと思います。
まず、仮想環境の構築を始めます。

なぜ仮想環境を構築するのか

自分も最初、仮想環境を構築する必要があると言われた時になぜなのか疑問に思いました。
調べてみると以下の理由があるようです。

  1. Pythonのバージョンを固定させる
  2. パッケージのバージョンを固定させる

なるほど。
Pythonを使っていると、上記の理由で悩まされることがあるので
仮想化の必要性を理解できますね!

準備

以下のコマンドを入力して、インストールしていきます。

# pip install virtualenv virtualenvwrapper

virtualenvが仮想環境を構築するパッケージで
virtualenvwrapperは仮想環境の管理を容易にするパッケージです!

次に、環境変数を設定するファイルであるファイルを設定します。

ファイル内に以下を追加します。

export WORKON_HOME=$HOME/.virtualenvs
source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh

そして、編集したファイルを反映させます。

source ~/.bash_profile

仮想環境の構築

それでは、実際に仮想環境を構築します。

# mkvirtualenv --no-site-package virtualenv
仮想環境の起動
# workon virtualenv

他にも以下のような方法があります。

# cd virtualenv
# source bin/activate

workonコマンドだと、どこのディレクトリにいても起動できるので
こっちの方が便利です。

仮想環境の無効化
# deactivate

Djangoのインストール

仮想環境の構築が済んだので、Djangoをインストールしたいと思います。

# pip install django

本日は、仮想環境の構築とDjangoのインストールを終わらせました。
次回から、実際にDjangoをさわってみたいと思います。